追加(4回目)接種

4回目接種について

4回目接種概要

新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化予防を目的とし、国の新型コロナワクチン追加接種(4回目)の実施方針に基づき、4回目接種を実施します。
※国の審議会等の検討などにより内容が変更となる場合があります。

対象者

新型コロナワクチンの4回目接種の対象は、下記2点の要件を両方満たす方です。

  • 3回目接種を完了した日から5か月が経過し、佐伯市に住民票がある方
  • 60歳以上の方、または18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する方やその他重症化リスクが高いと医師が認める方、もしくは医療従事者等及び高齢者施設等の従事者

※5か月とは「5か月後の同じ日」を指します。例えば、3回目接種を令和4年1月16日に受けた方は、令和4年6月16日以降に4回目接種が可能となります。また、3回目接種を令和4年1月31日に受けた方は、令和4年6月に同じ日がないため、翌月1日以降に4回目接種が可能となります。

※努力義務の規定について、4回目の接種では60歳以上の方に適用され、18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する方等には現時点では適用されていません。努力義務とは「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の規定のことで、義務とは異なります。

基礎疾患を有する者の範囲について

国の予防接種・ワクチン分科会等での議論の結果、基礎疾患を有する者の範囲は以下のとおりとされています。

以下の病気や状態の方で、通院/入院している方

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又はほかの病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
  7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
  8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群
  14. 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

肥満度を表す指標として国際的に用いられている体格指数で、BMI=[体重(kg)]÷[身長(m)]÷[身長(m)]で求められます(身長はcmではなくmで計算します)。

BMI30の目安
身長170cmで体重約87kg BMI=87㎏÷1.7m÷1.7m=30.10
身長160cmで体重約77kg BMI=77㎏÷1.6m÷1.6m=30.07

接種する回数と使用するワクチンの種類

追加接種の回数は1回です。
ファイザー社ワクチンまたは武田/モデルナ社ワクチンを使用します。
1~3回目の接種に用いたワクチンの種類に関わらず、ファイザー社ワクチンまたは武田/モデルナ社ワクチンを接種可能です。

60歳以上の方への接種券の発送スケジュール(予定)
※変更となる場合があります。

60歳以上の方への接種券の発送については、国からのワクチンの供給量との調整や、予約時の混雑を避けるため、3回目接種が終了した日からの接種間隔を踏まえて順次発送予定です。
 

3回目接種が終了した日4回目接種券の発送時期(予定)
令和4年3月2日~8日令和4年8月5日
令和4年3月9日~15日令和4年8月12日
令和4年3月16日~22日令和4年8月19日
令和4年3月23日~29日令和4年8月26日
令和4年3月30日~4月5日令和4年9月2日

※3回目接種後に佐伯市に転入された方は、別途申請が必要になる場合があります。
※国からのワクチンの供給量により、日程等が変更になる場合があります。
4月6日以降に3回目接種を受けた方の発送時期は、現在調整中です。決まり次第、ホームページ等でお知らせします。

18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する方やその他重症化リスクが高いと医師が認める方の接種券発行について

18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する方やその他重症化リスクが高いと医師が認める方については、接種券発行のため事前の申請が必要です。申請をしないと接種券は届きませんのでご注意ください。
※60歳以上の方、または3回目接種日から5か月経過するまでの間に60歳になられる方は申請不要です
被接種者からの自己申告に基づいて接種券の発行を行います。

接種当日の予診段階で、医師の判断により基礎疾患を有する者等であることを確認します。
基礎疾患等で医療機関を受診しておられる方や、事前に相談できる医療機関をお持ちの方は、その医療機関の医師にご相談ください。
事前に相談できる医療機関をお持ちでない方は、予診の際にご相談ください。
ご自身が基礎疾患に該当するかどうか不明な場合、市では判断いたしかねますので、かかりつけの医師にご相談ください。

医療従事者等及び高齢者施設等の従事者への接種券発行について

対象となる方は、「重症化リスクの高い多くの者に対してサービスを提供する、医療従事者等及び高齢者施設等の従事者」です。
それ以外の方は、申請をいただいても接種券の発行ができない場合があります。

接種券の申請方法について

接種券の申請方法については、医療機関・施設ごとに接種を希望する者を取りまとめた上で、医療機関・施設が被接種者の代理で申請してください。
接種券は当該施設や医療機関に送付します。
申請様式は、接種券発行申請書(新型コロナウイルス感染症)【4回目接種用(代理申請)】を使用し、下記のメールアドレスにファイルを送付してください。

注意事項 ※提出前に必ずご確認ください 

メール件名およびファイル名は、「〇〇_代理申請」としてください。(※〇〇にはご自身の機関名を入れてください。)
本文に記載は不要です。
ファイルはすでに指定された入力方法で作成してください。表示形式を「標準」に変更しないでください。
例:氏名(半角カナで入力)、生年月日(yyyy/mm/ddで入力)、3回目接種日(yyyy/mm/ddで入力)
申請する際には、Excelファイルのまま送付してください。PDF等にファイルの種類を変更しないでください。
原則、手書きではなくExcelファイルに入力するようにしてください。

氏名、フリガナ、生年月日の入力方法誤りがあると接種券を発行できません。ご注意ください。

次の方は申請があっても接種券を発行しません。申請しないようにご注意ください。
①60歳以上の方
②基礎疾患がある等の理由ですでに接種券の発行を申請している方
③市外で3回目接種を受けた後、佐伯市に転入された方…事前に転入の申請が必要です
④3回目接種がお済みでない方
⑤市外に住民票がある方…住民票のある自治体にご確認ください

※佐伯市に住民票がある方で、市外の医療機関等に従事されている方も同様に当該医療機関等からの代理申請が必要です。

代理申請メール送付先:kenkouka@city.saiki.lg.jp
※送り先の誤り、申請書の添付誤りやお忘れにご注意ください。

よくある質問について 

市内の病院ですが、市外に住民票のある従事者がいます。市外に住民票のある従事者も申請できますか。

佐伯市に住民票のない方は申請できません。住民票のある自治体にご確認ください。

従事している病院から自分で申請するよう言われました。どうすればよいですか。

佐伯市では申請方法を代理申請のみとしています。
従事されている病院が代理申請できない場合は下記窓口までご相談ください。

佐伯市健康増進課コロナワクチン予防接種 相談窓口 
0972-23-3935
受付時間:9時〜17時(平日のみ)

本日申請をしましたが、接種券はいつ届きますか。

申請のあった順に受け付けており、接種券を毎日発送しております。
申請から到着までは最長で1週間程度かかります。

接種券発行申請の方法(基礎疾患専用)

WEB・郵送・窓口・FAX申請をご利用いただけます。
※医療従事者等及び高齢者施設等の従事者を除く

WEB申請

電子申請フォームから接種券発行申請をすることができます。
※この申請は、接種の予約フォームではありませんのでご注意ください。
来庁や郵送が不要で24時間いつでも申請いただけます。

接種券交付申請フォーム

 利用方法
  1. 入力フォームを開きます。
  2. 内容を確認し、「次の画面へ進む」をクリックします。
  3. 入力2~5の質問に回答します。
  4. 確認画面で入力内容に誤りがないか確認します。
  5. 送信ボタンを押して申請完了です。
 注意事項

 ・申請内容の控えが必要な方は画面コピーや印刷をしてください。
 ・申請受付後、申請受付完了をお知らせするメールや電話はいたしませんので予めご了承ください。
 ・申請受付後、3回目接種日から5か月の経過に併せて、4回目のワクチン接種券をお送りします。
 ・申請は一度送信すれば完了します。申請内容に変更がない限り、繰り返し申請をしないようにご注意ください。
 ・申請の際はすべての項目を正確に入力してください。
  特に電話番号欄は内容確認のためにご連絡する場合がありますのでご注意ください。
  悪い例:電話番号入力欄に生年月日を入力している、住所欄に番地等を入力していない 等
 

郵送申請

接種券発行申請書(新型コロナウイルス感染症)【4回目接種用】」に必要事項を記入のうえ、本人確認書類の写しと併せて
佐伯市役所健康増進課 コロナワクチン予防接種班
〒876-0844 大分県佐伯市向島1丁目3番8号 保健福祉総合センター和楽内
に郵送してください。

窓口申請

本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)をお持ちのうえ、
佐伯市コロナワクチン予防接種相談窓口(保健福祉総合センター和楽2階)
までお越しください。
受付時間は9時~17時(土日祝日を除く)です。

FAX申請

接種券発行申請書(新型コロナウイルス感染症)【4回目接種用】」に必要事項を記入のうえ、本人確認書類の写しと併せて
佐伯市役所健康増進課 コロナワクチン予防接種班
FAX:0972-23-3915
までFAXしてください。

様式について


接種券発行申請書は、佐伯市コロナワクチン予防接種相談窓口(保健福祉総合センター和楽2階)のほか、各振興局、市内医療機関の一部にも設置しています。

接種場所

佐伯市内の協力医療機関で個別接種を行います。

協力医療機関が取り扱うワクチンの種類

医療機関によって取り扱うワクチンの種類が異なるため、希望する医療機関が取り扱うワクチンの種類を予めご確認ください。

予約方法

予約コールセンター及びインターネット予約または各医療機関への直接予約となります。
※詳細は接種券に同封する「4回目の新型コロナワクチン予防接種の予約について」に記載しています。

ホームに戻る

TOP