小児接種(5歳から11歳)

5歳~11歳の新型コロナウイルスワクチンの接種について

小児の接種について、オミクロン株流行下での一定の科学的知見が得られたことから努力義務の規定を適用することが妥当とされましたが、接種は強制ではなく、ご本人や保護者の判断に基づいて受けていただくことに変わりはありません。ワクチンを接種するためには、保護者の同意と立ち合いが必要です。接種を受ける人は、予防接種による感染予防の効果と副反応のリスク双方について理解した上で、接種を受けていただきます。同意なく、接種が行われることはありません。
ワクチンを接種していない人に対する差別、いじめ、職場や学校などでの不利益な取り扱い等は決して許されるものではありません。

接種対象者

1・2回目

佐伯市に住民票がある5歳から11歳までの方(5歳の誕生日の前日から12歳の誕生日の前々日まで)

※1回目接種時に11歳である方については、2回目の接種までに12歳になった場合であっても、2回目も5~11歳用のファイザー社ワクチンを使用します。

3回目

佐伯市に住民票がある5歳から11歳までの方で、2回目接種接種を完了している方

※3回目の接種までに12歳になった方は、大人用の新型コロナワクチンの接種対象になります。

接種費用

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

接種券の送付について

1・2回目

これから5歳になる方の接種券については、誕生日の3日前に順次発送します。

3回目

2回目接種を完了した日からの接種間隔を踏まえて順次発送予定です。接種券が届き次第予約できます。

2回目接種が完了した日3回目接種券の発送時期(予定)
~令和4年4月26日令和4年9月22日
令和4年4月27日~5月3日令和4年9月30日
令和4年5月4日~10日令和4年10月7日
令和4年5月11日~17日令和4年10月14日
令和4年5月18日~24日令和4年10月21日
令和4年5月25日~31日令和4年10月28日

予約について

ワクチン接種を希望される方は、予約コールセンターまたは予約サイトから予約をしてください。

実施機関名住所予約方法
桑畑小児科医院佐伯市中村東町10番5号予約コールセンターまたは予約サイト
塩月内科小児科医院佐伯市7238番地1予約コールセンターまたは予約サイト
西田病院佐伯市鶴岡西町2丁目266番地予約コールセンターまたは予約サイト

接種するワクチンと回数・間隔・対象年齢

 1・2回目接種時
5~11歳
1回目接種時
11歳
2回目接種時

12歳
3回目接種時
5~11
3回目接種時
12歳以上
接種種別小児接種小児接種小児接種3回目(12歳以上)
接種する
ワクチン
ファイザー社
小児用ワクチン
ファイザー社
小児用ワクチン
ファイザー社
小児用ワクチン
ファイザー社
ワクチン
接種回数2回2回1回1回
接種間隔3週間3週間2回目接種から
5か月
2回目接種から
5か月

小児接種を実施する全ての医療機関でファイザー社の子ども用ワクチンを使用します。(ファイザー社の12歳以上のワクチンと比べ、有効成分が1/3になっています。)

Q.接種する量や回数は成人と同じですか。(厚生労働省)(外部サイト)

原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。
新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。
なお、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種は可能ですが、同時接種を希望される方は必ず医療機関へお問い合わせください。

1回目接種時または3回目接種時に12歳以上のお子様は、12歳以上が接種しているワクチンを接種することになります。ワクチンの種類や接種量が異なりますので、予約方法など詳しくは、「初回接種(1・2回目)」、「3回目接種(12歳~17歳)」をご確認ください。

12歳以上のワクチン接種でも「接種券が印字された予診票」は引き続き使用できますので、捨てないようご注意ください。

接種当日の注意事項と持ち物

注意事項

必ず保護者の方が同伴していただくようお願いします。(難しい場合は、普段から接種を受ける方の健康状態を把握している親族の方等が、保護者の方からの委任を受けて同伴可能です。委任状は不要ですが、予診票には保護者の方が署名をお願いします。)

接種される本人や、同伴される保護者の方に熱があるなど、体調がすぐれない場合は予約を取り消し、別の日に接種してください

当日は肩を出しやすい服装でお越しください。

当日の持ち物

  • 封筒の中身一式
  • 本人確認書類:マイナンバーカード、健康保険証
  • 母子健康手帳

※ 接種履歴等を確認するため、母子手帳が必要となりますので必ずご持参ください。

小児接種の効果・努力義務・副反応について

接種により期待できる効果と、副反応等のリスクの双方について考慮していただき、接種を受けるお子さまご本人ともご相談の上で接種について判断してください。

新型コロナワクチンの効果

ファイザー社のワクチンは、5~11歳の小児においても、デルタ株等に対して、中和抗体価の上昇や発症予防効果が確認されています。オミクロン株に対しても、感染予防効果が期待されています。

Q.小児(5~11歳)の接種では、どのような効果がありますか。(厚生労働省)(外部サイト)

努力義務について

小児の接種について、オミクロン株流行下での一定の科学的知見が得られたことから、小児についても努力義務の規定を適用することが妥当であるとされました。ただし、接種は強制ではなく、ご本人や保護者の判断に基づいて受けていただくことに変わりはありません。

Q.なぜ小児(5~11歳)の接種に「努力義務」が適用されるようになったのですか。(厚生労働省)(外部サイト)

新型コロナワクチン接種による副反応

12歳以上の方と同様、接種部位の痛みや倦怠感、頭痛、発熱等、様々な症状が確認されていますが、殆どが軽度又は中等度であり回復していること、現時点で得られている情報からは、安全性に重大な懸念は認められていないと判断されています。

Q.小児(5~11歳)の接種にはどのような副反応がありますか。(厚生労働省)(外部サイト)

なお、本ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は、接種医あるいはかかりつけ医に相談してください。

接種後、すぐに現れる可能性のある症状について

アナフィラキシー
  • 薬や食物が体に入ってから、短時間で起こることのあるアレルギー反応です。
  • じんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が急に起こります。血圧低下や意識レベルの低下(呼びかけに反応しない)を伴う場合をアナフィラキシーショックと呼びます。
  • 起こることは極めてまれですが、接種後にもしアナフィラキシーが起こっても、すぐに対応が可能なよう、ワクチンの接種会場や医療機関では、医薬品などの準備をしています。
血管迷走神経反射
  • ワクチン接種に対する緊張や、強い痛みをきっかけに、立ちくらみがしたり、血の気が引いて時に気を失うことがあります。
  • 誰にでも起こる可能性がある体の反応で、通常、横になって休めば自然に回復します。
  • 倒れてけがをしないように、背もたれのある椅子に座って様子をみてください。

接種後、数日以内に現れる可能性のある症状について

症状が出た人の割合症状
50%以上注射した部分の痛み、疲れた感じ
10%~50%頭痛、注射した部分の赤み・はれ、筋肉痛、寒気
1%~10%下痢、発熱、関節痛、嘔吐

数日以内に現れる症状は、注射した部分の痛みが一番多く、1回目で74%、2回目で71%でした。受けた日の夜や次の日に痛みを感じる人が多い傾向です。
疲れた感じや発熱などは、2回目の後の方が多く現れ、38℃以上の発熱は1回目で2.5%、2回目で6.5%でした。

ごく稀ではあるものの、ワクチン接種後に心筋炎や心膜炎を疑う事例が報告されています。
ワクチン接種後数日以内にお子様に胸の痛み、動悸、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを受けたことを伝えてください。
なお、心筋炎と診断された場合は、一般的には入院が必要となりますが、多くは安静によって自然回復します。
米国では、新型コロナワクチン接種後の心筋炎の報告率は、5~11歳の男子の方が12~17歳の男子より低いとされています。

ごく稀ではあるものの、mRNAワクチン接種後にギラン・バレー症候群が報告されています。
接種後、手足の力が入りにくい、しびれ等の症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。

新型コロナワクチンを受けた後の注意点(小児用)の説明用画像

厚生労働省の小児接種に関する情報

基本情報をはじめ、ワクチンの効果や副反応など小児接種に関する様々な情報が掲載されています。

接種に関する関連資料

日本小児科学会

日本小児科学会が感染状況とワクチンに関する知見や、ワクチン接種の考え方について発表したコメントが掲載されています。

ファイザー社

保護者の方や被接種者の方向けに、接種の安全性や副反応等について説明された資料が掲載されています。

ホームに戻る

TOP