よくある質問(FAQ)

追加接種(4回目)について

なぜ、追加接種(4回目)が必要なのですか。

新型コロナウイルス感染症は、高齢者ほど重症化しやすく、一定の基礎疾患を持つ方についても重症化しやすいことが明らかとなっています。このようなデータや諸外国の動向等を踏まえ、新型コロナウイルスに感染した場合の重症化予防を目的として、4回目接種を実施することとなりました。
詳細は、厚生労働省のウェブサイトをご確認ください。
新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)(外部サイト)

追加(4回目)接種はどのような人が対象になりますか。

4回目接種は、重症化予防を目的として実施しています。3回目接種から5か月以上が経過した、①60歳以上の方、②18歳以上60歳未満で、基礎疾患を有する方や重症化リスクが高いと医師が認める方、もしくは医療従事者等及び高齢者施設等の従事者が対象です
詳細は、厚生労働省のウェブサイトをご確認ください。
新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)(外部サイト)

追加(4回目)接種は、3回目接種からどのくらい間隔をあけたら接種できますか。

4回目接種は、3回目接種の完了から5か月以上あけて実施します。4回目接種を実施している諸外国では、3回目接種から4回目接種までの間隔を3~6か月としていることや、添付文書の内容等を踏まえ、接種間隔は5か月以上となりました。詳しくは、「追加(4回目)」をご覧ください。

追加(4回目)接種はどのようにしたら受けられますか。

接種を受けるためには3回目と同様に事前に予約をとっていただく必要があります。予約方法については、市での受付と医療機関での受付があります。市での予約受付は、市の予約専用ウェブサイトと予約コールセンター(電話)の2つの方法があります。詳しくは、「追加(4回目)」をご覧ください。

追加接種(3回目)について

なぜ、追加接種(3回目)が必要なのですか。

日本で接種が進められているワクチンは、高い発症予防効果等がある一方、感染予防効果や、高齢者においては重症化予防効果についても、時間の経過に伴い、徐々に低下していくことが示唆されています。このため、感染拡大防止及び重症化予防の観点から、初回接種(1回目・2回目)を完了したすべての方に対して、追加接種の機会を提供することが望ましいとされています。
詳細は、厚生労働省のウェブサイトをご確認ください。
新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)(外部サイト)

追加接種(3回目)には、どのような効果がありますか。

追加接種を行わなかった場合と比較して、感染予防効果や重症化予防効果等を高める効果があります。
詳細は、厚生労働省のウェブサイトをご確認ください。
新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)(外部サイト)

追加接種(3回目)はどのようにしたら受けられますか。

接種を受けるためには1・2回目と同様に事前に予約をとっていただく必要があります。予約方法については、市での受付と医療機関での受付があります。市での予約受付は、市の予約専用ウェブサイトと予約コールセンター(電話)の2つの方法があります。詳しくは、「追加接種(3回目)」をご確認ください。

追加接種(3回目)はどこで受けられますか。

市内の医療機関で3回目接種を行います。
協力医療機関一覧表

3回目接種券はいつ届きますか。

接種券を同封した案内を、2回目の接種から5ヶ月経過した時期に発送します。
接種券の発送とともに、予診票、ワクチン説明書、接種案内チラシを同封しています。
詳しくは、「追加接種(3回目)」をご確認ください。

佐伯市に転居する前に他の自治体でワクチンを接種しています。佐伯市から3回目の接種券は届きますか。

佐伯市に転入される前に1・2回目のワクチン接種を受けられた方は、接種券の発行申請が必要です。詳しくは、「佐伯市に転入された方への接種券の発行について」をご確認ください。

使用していない1・2回目の接種券で3回目の接種を受けることはできますか。

3回目の接種には、3回目用の接種券が必要になります。

接種費用は掛かるのですか。

全額国費で接種を行い、自己負担は発生しません。ただし、接種前後の診療等については、通常の診療として自己負担が生じる可能性があります。

3回目のワクチンは必ず接種しなくてはならないのですか。

接種は任意になります。予防の観点から、高齢者や基礎疾患を有する方など、重症化リスクが高い方には特に接種をおすすめします。

1・2回目の接種について

1・2回目の接種を受けていないのですが、まだ受けることができますか。

市内の医療機関で1・2回目の接種を行っています。また、2回目接種を受けていない方を対象とした予約も受け付けています。

予約方法

インターネット予約または予約コールセンター、各医療機関で直接予約を受け付けていますので、詳しくは、「初回接種(1・2回目)」をご確認ください。

接種券について

施設に入所している家族の接種券が自宅に届いたが、どうすればいいですか。

  • ご家族が高齢者施設や障害者施設等に入所・入居されている場合、施設で接種を実施する可能性があります。
  • 施設で接種する場合もご自宅に届く接種券が必要となります。(施設の場所が市内・市外ともに)
  • 施設での接種の実施の可否や接種券の取扱い等については、入所・入居されている施設にお問合せください。

接種券を失くしてしまったので再発行したいです。

再発行申請の方法は次のとおりです。

  • 電話(佐伯市新型コロナワクチン予防接種相談窓口)
  • 郵送

なお、再発行した接種券の発送には、申請から一週間程度要します。
詳しくは、「新型コロナウイルスワクチン接種券の再発行について」をご確認ください。

最近転入したのですが個別通知(接種券)はどうすれば入手できますか。

新たに佐伯市民になられた方で接種券が必要な方は、別途申請が必要となります。
詳しくは、「佐伯市に転入された方への接種券の発行について」をご覧ください。

接種履歴を確認する書類とは、どういう書類ですか。

ワクチン接種済証のコピー、接種記録証のコピー、接種券付き予診票のコピーになります。
その他、海外で発行された証明書など、接種を確認できる書類となります。

接種証明について

市が発行する接種証明書の申請手続きを教えてください。

接種証明書には、政府が公式に提供するアプリ及びマイナンバーカードを使用して取得する「電子版接種証明書」と、郵送での申請により取得する「紙版接種証明書」の2種類があります。
申請手続き等の詳細は、「接種証明書について」をご確認ください。

電子版接種証明書と紙版接種証明書の記載事項に違いはありますか。

申請方法が異なりますが、記載事項に違いはありません。

電子版接種証明書を取得できないのはどのようなケースですか。

下記の方等は、電子版接種証明書の取得ができないため、紙版接種証明書をご申請ください。

  • マイナンバーカードをお持ちでない方
  • スマートフォンをお持ちでない方
  • 旧姓・別姓・別名の併記がある方
  • DV被害者等の要配慮者
  • 旅券以外の渡航文書で請求する方

電子版接種証明書の氏名等の漢字が正しく表示されません。

氏名等に外字がある場合、電子版接種証明書では代替文字が表示されます。代替文字となっていても証明書は有効なものとしてお使いいただけます。(例:澤→沢、齋→斎)

電子版接種証明書の記載内容に誤りがありました。

接種記録を修正します。下記書類の写真またはスキャンデータをkenkouka@city.saiki.lg.jpにお送りください。
※添付ファイルの大きさが10MBを超えると届かないことがありますのでご注意ください。
※メールの件名は「接種記録修正」としてください。

  • 氏名・生年月日・接種時の住所が確認できる本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等)
  • 接種済証または接種記録書(紛失等により提出できない場合は接種回数分の予診票の写し)

電子版接種証明書を取得するためのアプリの操作方法が分かりません。

アプリの操作方法についてのお問合せは、デジタル庁の「接種証明書アプリに関するお問合せ(外部サイト)」の問合せフォームで受け付けています。

接種証明書に有効期限はありますか。

接種証明書には、有効期限はありません。ただし、【海外・国内兼用】接種証明書については、旅券番号が記載されていることから、旅券番号が変わった際には改めて取得していただくことが必要です。また、証明書の提示を受ける側で一定期間内のものに限るなどの条件がある可能性があります。

副反応について

副反応に関する相談先はありますか。

大分県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口
電話番号:097-506-2850 9時~18時(土日祝日)※12/31~1/3を除く
対応内容:医学的知見が必要となる専門的な相談等市町村では対応が困難な問い合わせに対し、医療専門職が回答する窓口を設置

副反応による健康被害があった場合、補償はあるのですか。

予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられる制度があります。
詳しくは、「新型コロナウイルスワクチン接種に係る健康被害救済制度」をご確認ください。

ホームに戻る

TOP